離婚をすると不幸になる?
2017.03.31

パンチ離婚をしたいと思う理由は様々ですが、離婚しない方がいいのでは?離婚をしたら不幸になる?このような不安が込み上げて離婚を躊躇している方も多いと思います。離婚しようと思ったら結婚する時よりも時間も労力も使います。それに女性は離婚後の生活を考えると金銭面でも不安になりますね。離婚後に不幸にならない為に色々、考えてみましょう。
例えば、離婚後に金銭面で不幸になる方も居ます。お互いの意見が一致し協議離婚をした場合は離婚後の子供が居れば養育費を請求し忘れる、知識がなく請求しないパターンがあります。相手に不貞があった場合には慰謝料も発生しますが「今すぐこの人と別れたい!」と言う気持ちが優先に立ちお金よりも自分の気持ちを優先すると離婚後に後悔する事になります。金銭の話は離婚の時に揉める原因にもなり、調停離婚になるパターンが多いです。調停離婚をしても弁護士に離婚相談をしても慰謝料や養育費を必ず貰えるものではありません。相手の収入や不貞の度合いで貰えるか、いくらになるかが決まります。仕事をしていて金銭的に余裕がある場合には財産分与だけ請求して別れる場合もあるので自分の収入により金銭面での話はキッチリしないと不幸になる原因になります。また、養育費を無理やり頂き月に数回程度、子供に面会をさせる場合でも「お金を払っているから会うだけ会う」この様な気持ちで子供に接して精神的なダメージを与える場合もあります。養育費の金額にもよりますが、子供の気持ちも考えて請求しましょう。お金があっても子供が辛い目に遭う事は誰にとっても不幸と言えます。
婚姻をして一緒に暮らしていても接する時間がなく、寂しい思いをして離婚に至る。相手や自分に「他に好きな人」が出来て別れる。一緒に居ても精神的に辛いと感じて離婚をした場合は離婚が成立して精神的に幸せになれるパターンもあります。特に若い世代に多く、お互いに仕事もしっかりしているので金銭面の不安もない、子供も居ない場合が多いく、しがらみがないからだとも言えます。また高齢化が進むにつれ義理の父親や母親の介護が原因で別れる場合もそうです。介護と言う「足枷」がなくなり離婚して幸せだと感じてしまう場合もあります。離婚はしたら必ず不幸になる、幸せになる人によって違ってきます。金銭面で不安がある場合には言い方は悪いですが「貰えるものは貰っておく」そのためには、知識も必要です。子供がいるなら尚更です、自分の気落ちを優先させず冷静に今後の事を考える事で離婚後も幸せに過ごす事が出来ますよ。

▲ ページトップへ