不倫をする人の割合(女性編)
2017.03.31

顔を近づける男女不倫、浮気は男性がするもの……と思われがちですが、実は浮気や不倫の実態調査のデーターでは16%近くの女性が不倫を経験した事があるという事が分かりました。男性に比べると少ない数字ですが、意外と多いと感じる方も多いのではないでしょうか。未婚女性に関しては浮気をした事があるか?という質問では60%以上の女性が「浮気を経験した事がある」と答えたそうです。昔に比べると晩婚の女性が多く、より良い男性と結婚したいという思いから浮気をしてしまうのかも知れません。逆に早くに結婚した場合は男性経験が旦那しかなく、結婚生活が落ち着いてきた40代の年代に不倫に走ってしまう女性も多いです。
不倫は男女ともに30代~40代の年齢で不倫や離婚に走る方が多いです。男性の場合には40代になると仕事も落ち着き、自由に出来るお金も増える為、不倫しやすくなってしまいますが女性はどうしてでしょうか。女性の場合にも不倫が多い年代も40代がピークです。未婚、既婚問わず「特定・不特定多数の男性が居るのか?」というアンケートでは40代の女性がトップで20%も居ます。しかも現在進行形が圧倒的多いそうです。20代の女性だと男性に興味を持つのも分かる気がしますが、40代になると落ち着いてくるのでは?と思ってしまいます。女性の場合は、子供にも手がかからなくなり、旦那も仕事で忙しい。結婚当初に比べると自分の時間もあり余裕も出来てきます。それに40代から性欲が増す女性も多いので「旦那以外の男性と」関係を持ってしまう女性も多いです。
仕事をバリバリこなす男性は職場での出会いも多く不倫の可能性もありそうですが、家事に追われる事も多い女性はどこで出会うのでしょうか。男性に関しては出張や転勤がある可能性もあるので出会いの場も広がります。「浮気相手との出会いはどこ?」の質問に関しては出張や転勤の可能性が少ないにも関わらず「職場」と答えた方が多かったです。確かに仕事をしていても家事に仕事に忙しい女性は出会うなら職場の可能性が高そうです。次にSNSが多くSNSで仲良くなり浮気や不倫に走る事も多いそうです。女性は男性に比べて浮気や不倫がばれにくい傾向にあります。会う時間も昼間が多いので旦那も気が付かないままのケースもあり、1度の不倫よりも圧倒的に長く続く不倫が多いです。女性の不倫は性欲が増したからの理由以外にも旦那が構ってくれない寂しさや、子供が手を離れた虚しさから不倫に走る場合も多いです。家庭を顧みない旦那の場合には夫婦間が破綻している状況から妻が不倫に走る場合もあります。この場合には一方的に妻だけを責める事は出来ません。ですが、不貞行為はしてしてはいけない事ですので怒りに任せず、離婚を決意した場合には弁護士に相談や調停を利用するといいでしょう。

▲ ページトップへ